image_pdfimage_print

私が実践している「ブログでヒットコンテンツを作る方法」をここでは紹介していきたいと思います。キーワードはコピーの最初の段落に書くとか、ページタイトルは40文字前後で書くとか、細かく書いていくとキリがありませんし、そういった細かいテクニックは実践しても効果ってほとんどありません。なので、ここではより根本的なことを紹介します。


ユーザビリティをとにかく意識する

ヒットコンテンツを作る上で最も大切なことは、ユーザビリティを意識することです。ユーザビリティとは、簡単に書くと利用者満足度のことです。ここでの利用者とは、あなたのサイトを見に来てくれた人たちのことを指します。その人たちが、あなたの書いた文章を読んで、どのように感じるかを考えながら書くことが大切です。もしも、その文章中にこれまで知らなかったような有意義な情報が書いてあると、きっと満足度は向上するはずです。

 

 

読みやすく体系化する

どんなに有意義なことが書かれていても、情報が散在していると読みにくくなってしまい、結果的に満足度は下がってしまいます。そうならないためにも、私の場合は教科書などを参考にして、どのようにしたら読みやすいかを意識しながら文章を書いています。たとえば、「目次」をつけることで最初にどんなことが書いてある記事かをわかるようにしたり、細かく見出しを置くことで見やすくするように心がけています。

 

 

読者が求めている情報があるか

たまに見かけるのですが、「腰痛を治す方法」とタイトルに書いておきながら、詳しい方法はこちらの本を購入してください、と誘導されるようなサイトがあります。これって読み手側からしたら本当に面倒くさいですよね。こういうサイトはユーザビリティが下がりますし、ヒットコンテンツなんて絶対にできません。情報を出し惜しみするよりも、持っている情報はすべて出してしまうほうが、絶対に読まれる記事は作れます。

 

 

オリジナリティのある文章を書く

医療系のブログやサイトでありがちなことですが、たとえば「ストレッチ方法」の記事があったとして、その方法だけを端々と書いていたりします。そんな文章というのは、誰でも書くことができますし、実際に書いている人たちは山ほどいます。そんな退屈な記事にならないためにも、あなたの考えを文中に必ず入れるようにしてください。そうすることで、他にはない世界でひとつだけのコンテンツが出来上がります。

 

 

おわりに

上記のポイントを抑えることで、誰にでも簡単にヒットコンテンツが作れるようになります。とは言えませんが、少なくとも読み手側が満足できるような記事が書けるようになるはずです。Googleの検索エンジンはとても賢いので、役立つ情報が書いてあるなら、その記事はいずれ必ず上位に表示されるようになります。なので、一つひとつの記事を丁寧に書き、それを継続していくことがヒットコンテンツを作る近道だと思います。