理学療法士のアプローチ方法

アキレス腱炎に対するアプローチをご紹介いたします。


アキレス腱炎が右側にある方の場合のアプローチ

アキレス腱の炎症をとるようにアイシングをおこなったり
かたくなっている場合は炎症が落ち着いてからアキレス腱のストレッチをしていく
そのようなことを一般的にやりますが、

そういった方の場合、
大殿筋(だいでんきん)が弱くなっているケースがあります。

ここでの私の推論としては、
歩行中に推進力を出す筋肉として大殿筋(だいでんきん)であったり
足関節の底屈筋がありますが、

大殿筋が弱くなっていると推進力が得られないため、
底屈筋を過剰の使用することによってアキレス腱の炎症につながると推論しています。

では、このようなケースにおいてどのように評価していくのか?

続きは、アカデミックPTでご覧ください。

 

 

 

image_print