最近、整体院を開業し、活躍する理学療法士が目立ってきていますね。

そういった方の中にはブログ等を通じて情報発信をされている方もいますが、それらの多くは今現在で経営が上手くいっている方ではないでしょうか。そのような方のブログを読んでいると、「何だか自分も上手くいきそう!」と感じるのではないでしょうか。実は私もそうでした。そして、そんな風に感じたことがある、感じているあなたに伝えたいことがあります。

 

「整体院を経営するためには、お金のことについて知っておくべきですよ。」

 

整体院の経営はやりようによっては病院勤務の時よりも儲かります。(自身の所得が上がります)しかし、あなた自身が(整体院を健全に経営するために)具体的にいくら稼ぐ必要があるのか、を知っていなければ売上目標も立てようがありません。そこで今回は、整体院経営で知っておくべき「お金のこと」についてお伝えします。

 

 

整体院経営にかかる経費はどれくらい?

整体院お金のこと_01

あなたは整体院を経営して、いくらお金を稼げれば満足ですか?

50万円、100万円、あるいはもっとでしょうか。
例えば、50万円売り上げれば、病院勤務の時と比べて、格段にいい生活が出来るでしょうか。

答えはNOです。整体の売上からは「経費」を引かなければなりません。 

「そんなこと知っている」と思われた方でも、具体的にどのくらいの経費がかかるのか、想像がつかないのではないでしょうか?

 

私の整体院を例にとって、経費についてお伝えしていきます。

 

広告費

整体院を経営していくにあたって、最もお金がかかるのが「広告費」です。ちなみに私の整体院では、毎月15万円程を広告費だけに費やしています。お客さんが少ない開業したての頃に限っては、月に20万円は使っていました。

 

「広告費に毎月15万円を多いと感じるでしょうか、少ないと感じるでしょうか?」

 

私の街には、数多くの整体院がありますが、それらの殆どは月に1万円の広告費もかけていないように感じます。(実際に聞いたわけではないので推測です)そして、そういった整体院は「なんとか」やっているというのが実情です。ゴッドハンドの先生がいる場合は別として、普通の技術力しかなく、広告費にお金をかけていない院は、あまり稼げていません。整体師の平均年収が200万円と聞いたことがあるので、おそらく月に15万から16万円の売上が関の山でしょう。

ちなみにですが、私の整体院でかけている毎月15万円の広告費の内訳は以下の通りです。

・新聞折り込みチラシ:月7万円~8万円
・ウェブ集客:月5.5万円
・クーポン誌:月2万円

このくらいの広告費をかけて経営を成り立たせているわけです。但し、私が開業している地域は、お客さんの集まりが良い方の地域なので、”このくらいの広告費で済んでいる”と言うべきでしょう。つまり、もっと広告費をかけないと集客できない地域もあるということです。広告費だけでもこれだけ(毎月15万円)のお金がかかります。しかしながら、整体院の経営には広告費以外にも沢山のお金がかかります。それではその他の経費についてお伝えします。

 

その他経費

私の整体院で、広告費以外にかかっているお金は概ね以下の通りです。

・場所代:月0円(※自宅整体のため)
・光熱費:月3千円
・税理士さんへの顧問料:月1万円
・顧客管理システムのリース代:月7千円
・雑費(フェイスペーパー等):月1千円

私は自宅で整体をやっているので、場所代はかかりませんが、自宅でできない環境の方であれば、その費用ももちろん発生します。場所を借りる場合、アパートが一番安いと思いますが、駐車場代等を含めるとそれでも月々5~6万円はかかるはずです。仮に、しっかりした店舗でやりたいのであれば、最低でも10万円、立地や設備の良い所であれば20万円以上してもおかしくありません。

 

年金・保険・税金

最後に忘れてはならないのが、年金、健康保険、住民税、所得税です。

あなたは今現在これらの費用をいくら納めているか知っていますか。私はまだ整体院を経営し始めて初年度なので、所得税の金額は分かりませんが、年金、健康保険、住民税を合わせると月に5万円以上納めています。

・年金、税金、税金:月5万円~6万円

ちなみに病院に勤務して、厚生年金や共済年金に加入している人は、個人が負担している保険料と同額を勤務先が負担してくれています。

「簡単に言うと自営業になると、将来貰える年金は勤めの人と比べて半分になるということです。」

もちろん、国民年金基金などに加入すれば別ですが、それにも当然お金はかかります。このあたりのことは、わざわざ私が説明しなくても、ネットに情報がゴロゴロしていますので少し調べればわかると思います。

 

以上のお金を全て含めたものが売上から引かれ、手取額になります。売上から引かれる費用をざっと計算すると、月に約23万円です。場所を借りるとなれば、月に30万円近くがかかることになりますね。

・広告費:月15万円
・その他経費:月2.1万円(※場所代がかかる場合は、+最低5万円~)
・年金・保険・税金:月5~6万円

 

 

整体の仕事はそれに見合う報酬が得られるか?

ここで最初の質問に戻ります。

 

「あなたは整体院を経営して、いくらお金を稼げれば満足ですか?」

 

50万円程度の売上では、生活していくのがギリギリなのがお分かり頂けると思います。最低でも60万円から70万円を売り上げてなくては、病院勤務の時よりも良い稼ぎにはならないということです。

では70万円を稼ぐためには、どのくらいのお客さんを整体するようになるでしょうか。1日に何人のお客さんをみるかは料金設定によって変わってきますが、例えば私の整体院だと1回5千円程です。仮に月の営業日数が20日間とすると、1日に7人のお客さんをみる必要があります。

・月間70万円の売上=1日7人×客単価5,000円×営業日数20日

 

そして、自営業になればもちろん整体だけが仕事ではありません。前回の記事(整体院経営を目指す理学療法士に知ってもらいたい4つの役割)でもお伝えしましたが、整体院経営には社長、営業、事務、セラピストの4つの役割が必要です。セラピストとして1日7人をみて、その他の役割をこなす必要がありますので、労働時間は病院勤務の時よりも確実に長くなります。

ちなみにですが、私は何だかんだで1日に12時間以上は労働していると思います。(はっきり計った訳ではないですが)そして休みの日も残った仕事をしているので、1日フリーという日は月に1、2日あるかないかです。(オーバーな表現ではありません)

 

「あなたにとって整体の仕事は、それに見合う価値がありますか?」

 

 

私が整体業を行う理由と考えて欲しいこと

整体院お金のこと_03

私が忙しくしながらも整体業をしているのは、ビジョンがあるからです。
整体を通して「目の前の人を、社会をこう変えたい」という思いがあるからです。それが無ければ耐えられないでしょう。逆に言えば、そういった「思い」があるのであれば、忙しい毎日にも耐えられるかもしれません。

私は開業したからこそ言えますが、自営業だからすごいとか、サラリーマンだからダメということは一切思いません。仕事は仕事と割り切って、指示に従って、機械的に働く、というのもその人の価値観次第なので否定はしませんが、仕事というのはおそらく人生の中で最も時間を使うことです。

 

「私にとって人生とは、楽しみながら使命をまっとうするための時間です。」

 

ですから、皆様にも自分の使命を見つけて、そして楽しみながら、それを全うして貰いたいと思います。そのために自営業でないといけないということは決してありません。

 

・自営業だからできること、できないこと。

・サラリーマンだからできること、できないこと。

 

それぞれあります。この記事を通してもう一度、何がやりたいのかしっかり自分と向き合ってみて下さい。

 

image_print