理学療法士のブログ運営は未来の収入をつくるキャリア構築の場

私は理学療法士として老人保健施設で働きながら、副業のブログでお小遣いを稼いでいます。パソコンなどにあまり詳しくない方は、ブログなんかで本当に収入が得られるのかと半信半疑だと思いますが、ここではその意義と仕組みについても簡単ですが紹介していきたいと思います。


理学療法士がブログを運営する意義

ブログを運営する意義は、理学療法士の知識・経験といった情報を求めている他の理学療法士の方々に役立てるよう、インターネットを通じて公開、配信することです。

ブログは、そのメディアの特性上、自らの専門や立場に根差した分析や意見を世に発信できますので、世に役立つ情報を発信できれば、「自分」という人間を売り込むことができます。つまり、ブログは、未来の収入を作るキャリア構築の場としても利用できるわけですね。

 

 

どうしてブログで収入が得られるか

前提として、ブログで収入を獲るということは、社会貢献に繋がる誇れる活動です。

そこで、まずはどうしてブログを書くことで収入が得られるのかの仕組みについて説明します。収入源はいくつかありますが、その大半は「Googleアドセンス」からの広告収入となります。アドセンスとは、簡単に書くとネット広告であり、それを掲載することで閲覧数などに応じた収入を得ることができます。

私のサイトでは、1回の閲覧で0.2円ほどの収入が発生しますので、月に30万回の閲覧数で約6万円の広告収入となります。トップブロガーでは、何百万回といった閲覧数があるので、それだけで生活することも可能です。つまり、閲覧数が多い=社会貢献度が高い(人々に必要とされている)と考えることができます。

結果として、ある程度の閲覧数が獲得できると、直接、企業などから広告を掲載して欲しいといった依頼が来るようになります。他にも、出版社から執筆の依頼がきたり、セミナー開催の依頼がきたりと、多方面で収入を獲得できるようになります。

ブログで収入を得ることは、勤務先にしばられず、自分自身で収入を得ながら、未来を切り開いていく能力を身に付けることにも直結しそうですね。

 

実際に稼げている人は全体の3

次に知っておいてほしい事実として、サイト運営で3万円以上の収入を得ている人の割合は、全体で3%しかいないということです。おそらくブログに絞って調査するなら、それより低い数字になると思います。

私がブログで稼げている理由として、医療従事者向けの専門サイトといった側面があるので、ある程度の閲覧数が稼げています。これが、普通のブログのような雑記だとほとんど閲覧されることはありません。ブログで稼げるようになるためには、閲覧される記事作りを意識することが大切です。

 

 

ブログで収入を得られるようになるまでの道のり

私の場合ですが、ブログで月に3万円以上を稼げるようになったのは、サイトを作り始めて1年後の話です。それまでは、とにかく毎日3時間以上はブログを書く時間にあてて、地道に記事の数を増やしていきました。1年で記事を200本ほど書きましたが、それでようやく閲覧数が月間15万ページ、収入で3万円になりました。

もちろんこれは私の場合の話なので、もっと効率良く記事を書ける方なら半年ほどで稼げるようになるかもしれませんし、反対に記事を書くのが下手ならもっと長い時間が必要になる可能性だってあります。なので、何事もやってみないとわかりません。

 

 

おわりに

副業を考えている方には、ブログというのはとてもお勧めな方法です。軌道に乗るまでは時間も労力も相当かかりますが、一度乗ってしまえば、あとは何もしなくてもお金が入ってくるようになります。これは本当に嬉しいです。また、初期投資も殆どかかりませんし、気軽に始められるのも強みです。是非とも、興味がある方は挑戦してみて下さい。

 

 




理学療法士が情報発信を通じてヒットコンテンツを作る方法

私が実践している「ブログでヒットコンテンツを作る方法」をここでは紹介していきたいと思います。キーワードはコピーの最初の段落に書くとか、ページタイトルは40文字前後で書くとか、細かく書いていくとキリがありませんし、そういった細かいテクニックは実践しても効果ってほとんどありません。なので、ここではより根本的なことを紹介します。


ユーザビリティをとにかく意識する

ヒットコンテンツを作る上で最も大切なことは、ユーザビリティを意識することです。ユーザビリティとは、簡単に書くと利用者満足度のことです。ここでの利用者とは、あなたのサイトを見に来てくれた人たちのことを指します。その人たちが、あなたの書いた文章を読んで、どのように感じるかを考えながら書くことが大切です。もしも、その文章中にこれまで知らなかったような有意義な情報が書いてあると、きっと満足度は向上するはずです。

 

 

読みやすく体系化する

どんなに有意義なことが書かれていても、情報が散在していると読みにくくなってしまい、結果的に満足度は下がってしまいます。そうならないためにも、私の場合は教科書などを参考にして、どのようにしたら読みやすいかを意識しながら文章を書いています。たとえば、「目次」をつけることで最初にどんなことが書いてある記事かをわかるようにしたり、細かく見出しを置くことで見やすくするように心がけています。

 

 

読者が求めている情報があるか

たまに見かけるのですが、「腰痛を治す方法」とタイトルに書いておきながら、詳しい方法はこちらの本を購入してください、と誘導されるようなサイトがあります。これって読み手側からしたら本当に面倒くさいですよね。こういうサイトはユーザビリティが下がりますし、ヒットコンテンツなんて絶対にできません。情報を出し惜しみするよりも、持っている情報はすべて出してしまうほうが、絶対に読まれる記事は作れます。

 

 

オリジナリティのある文章を書く

医療系のブログやサイトでありがちなことですが、たとえば「ストレッチ方法」の記事があったとして、その方法だけを端々と書いていたりします。そんな文章というのは、誰でも書くことができますし、実際に書いている人たちは山ほどいます。そんな退屈な記事にならないためにも、あなたの考えを文中に必ず入れるようにしてください。そうすることで、他にはない世界でひとつだけのコンテンツが出来上がります。

 

 

おわりに

上記のポイントを抑えることで、誰にでも簡単にヒットコンテンツが作れるようになります。とは言えませんが、少なくとも読み手側が満足できるような記事が書けるようになるはずです。Googleの検索エンジンはとても賢いので、役立つ情報が書いてあるなら、その記事はいずれ必ず上位に表示されるようになります。なので、一つひとつの記事を丁寧に書き、それを継続していくことがヒットコンテンツを作る近道だと思います。

 

 




理学療法士が本気で情報発信を考えるならワードプレス

最近、ブログで情報発信をしている理学療法士が増えてきましたね。それらのブログを覗いてみると、アメブロやライブドアなどのブログを利用している場合が多いようですが、本気で情報発信を考えているなら絶対にワードプレスがお勧めです。以下にお勧めする理由をご紹介します。


その1:無料でプラグインが使用できる

ワードプレスを利用すべき最大の理由はプラグインが利用できることです。簡単に説明すると、ブログの拡張プログラムのようなものです。その中には、利用者を分析できるものや最近の人気記事を表示するもの、文章をコピーされないようにするものなど、何百種類といったプラグインが常備されています。そこから自由に好きなものを選んで使用することができます。

 

 

その2:SEOに強い

SEOとは検索エンジンに対する最適化のことで、SEOが強いとGoogleなどで検索をした際に、自分のサイトが検索結果の上位に表示されるようになります。ブログはあくまで読まれてこそ意味があると思うので、上位表示されやすくなるというのは非常に大切です。また、サイトの表示速度を速くするプラグインなどもありますので、それらを上手く活用することで読みやすいブログを作ることができます。

 

 

その3:自由度の高いサイトが作れる

ワードプレスでは、無数にあるテーマの中から選択することで、オリジナリティの高いサイトを作成することができます。アメブロやライブドアブログでも自由に作ることができるのですが、それにはHTMLやCSSなどの専門知識が必要になります。そんな専門知識がなくても自由度の高いサイトが作れるのは、ワードプレスの魅力といえるでしょう。

 

 

その4:ワードプレスで月間の閲覧数が30万ページ

実際に私もワードプレスを使用してブログサイト(リハトラネット)を運営しておりますが、月間で15万人以上、閲覧数で30万ページ以上が読まれています。その経験から書かせてもらうと、情報発信をすることで多くのメリットを生み出すことができます。

たとえば、同じように情報発信をしているリハビリ職の方々と知り合いになれたり、出版社から執筆の依頼がきたり、知識をまとめることでより深く理解できるようになったりします。これからはキャリアアップの手段としても、有意義な方法ではないかと思います。

 

 

その5:理学療法士が情報を発信する意義

現在、ネット上では医療従事者でもない方々が間違ったリハビリ方法を記事にしていたりと、曖昧な情報が拡散されています。それらを見よう見まねで試してみて、症状が悪化するといったことが現実に起きています。それらを防ぐという意味でも、医療従事者が正しい情報を発信していくことは大切ではないでしょうか。


もしも、理学療法士の方でワードプレスを導入したいと考えている方は、キャリアPTでお手伝いしますので、お問合せ下さい。
ちなみにキャリアPTもワードプレスで作成しております。