理学療法士の病院勤務のメリット・デメリットについて

こんにちは!理学療法士の松木です。

私は、超急性期の脳卒中や脊髄疾患、神経内科疾患専門病院のリハビリテーション科の責任者として勤務していました。
そこでは、リハビリテーション科の立ち上げや、新病院ならではの出来事など大変貴重な経験をさせて頂きました。 
入職当初、リハビリテーション科は私1人だけでした。
徐々に人員が増えていき、現在では理学療法士3名、作業療法士2名、言語聴覚士1名の計6名となりました。とても楽しく充実した病院勤務でしたが、7月末で退職し
現在、訪問看護ステーションを立ち上げのため、日々奮闘しています!

今までは、給料をもらう立場でしたが、給料を支払う立場となり、より責任感が必要になります。
また、収入も自分の働きや社会貢献度により大きく変わることになり、病院勤務とは違ったメリット・デメリットがあると思います。

そこで、約8年間の病院勤務での経験を振り返りながら、今回は「病院勤務のメリット・デメリット」を挙げ、皆様の転職や今後のキャリアにお役に立てればと思います。  

 

 

病院勤務のメリット

 幅広い知識と経験を得ることが出来る

studying-3-1480680

ご存知の通り、病院には様々な診療科目や部署があります。
病院には脳神経外科、神経内科、整形外科、呼吸器内科といった診療科目の他、リハビリテーション科、看護部、放射線科などがあり、それぞれの分野でのエキスパートが存在します。

そのため、お互いの仕事を理解することで、各分野からの視点で患者様を診ることが出来ます。
しっかりと連携を図ることで疾患とリハビリテーションの関係性やMR、CT画像、脳波や心電図の見方などを各部署から学べますし、
医師との関係次第で、術適応か否か、診断の補助などに関与でき、大変貴重な経験を積むことが出来ます。  

私が病院勤務を始めたときにこのようなエピソードがありました。
神経内科の医師から
「松木くん、Up and Go test しといて~!文献も渡すよー。」と言われました。
当時の私は、本当の意味を知らずに、「Up and Go test?別に難しい試験ではないので、文献なんていいですよー。」と返答しました。
そして、対象患者さんにUp and Go testを行い、その結果を主治医に報告すると、「その結果になるなら、手術適応かな?」との話になり、手術に至りました。
(その患者さんは後に歩行は見違えるほどよくなり、退院されました。)

後に主治医に聞くと、ある検査を行う前後でのUp and Go testの結果によって、診断と術適応か否かの大きな根拠になると学びました。 
理学療法士の中ではUp and Go testは歩行能力を評価するためのものですが、神経内科・脳神経外科では診断基準や術適応の判断基準として使用されるのです。

このように、同じ評価法を用いての評価でも、部署によって目的・意味が全く異なるケースは多々あります。
病院では様々な角度からの医療が行われているので、この経験によって、意見交換の必要性を痛感しました。

また、病院は多くの部門が組織で動いており、一人の患者さんに対して多くの職種が関わります。
そのために、他部門ならではの目線や考えに触れる機会が多く、私達が気付かない部分を教えてくれたり、患者様からの苦情や不満、希望していることを私達PTが気付かないところで対応してくれていることも少なくありません。

しっかりと連携をとることで、『自分の見ているものが全てではない』ということが分かれば、理学療法士としてのスキルアップにも繋がります。

 

 急な休みを取りやすい

子育て世代には嬉しいポイントですね!私には3人の子どもがいます。
急な発熱なんて日常茶飯事で、冬場のインフルエンザやノロウィルスの流行に怯えています。

急な休みは病気だけではありません。

あれは長女の小学校入学式のことです。 
初めての入学式ということで夫婦で張り切って休みをとり、当日に備えていました。
しかし、入学式の日にちを間違っており、そのことを入学式の当日に気付き一家で大パニック!!
早速、電話にて

 「ごめん、式の日を間違えてた」
同僚 「はぁ?… いつですか?」
 「今日、休みもらえないですか…?」
同僚 「えっ…、 がっ頑張ります」

まさに同僚との”絆”発動です。(笑)

このように病院であれば、組織体制もしっかりしているので、みんなでカバーしあえる環境が整っており、急な休みでも対応可能なことが多いです。  
もちろん、スタッフの考え、方針によっては休みを取りにくい病院もありますが…汗

 

自分のペースで人生設計出来る

一般的に病院は規模が大きく、 経営が傾いても経営者が交代するなどして、病院が存続するケースが多く、いきなり倒産というケースは少ないです。
また給与も安定しており、大幅に減額になるという話はあまり聞きません。 
このように給与や雇用の安定などが約束されているので、業務に集中出来ます。

そのため、自分のペースで人生計画を作りやすく、住宅購入や子どもの進学などにもじっくりと向き合えます。

 

 

病院勤務のデメリット

作業は出来るが仕事をするのが難しい

病院は大きな組織なので、何か新しい試みをしたいと思っても、実際に自分がやりたいことが出来るようになるまで、いくつかのハードルがあります。 
まず、自分の部署の管理者の承諾、次いで他部門の管理職やスタッフの承諾がないと新しい試みは出来ず、場合によっては院長の許可などが必要です。

そういった点から、部署の管理職次第で出来ることが大きく変わり、日々の作業の他に、新たな仕事を行ったり、作るといったことが難しい環境とも言えます。  

 

給料が安い

money-1464706

これは… みなさんが一番思っていることですね(笑) 

安定はしているが、給料は安いということです。 
歯をぐっと食いしばって頑張りましょ (笑)    

 

 

最後に…

履歴書の書き方_01

病院勤務でのメリット・デメリットを簡単ではありますが、書かせて頂きました。
もちろん、ここに載っていることが全てではありません。
一番大事なことは、施設によって環境などは異なりますが、環境を生かすも潰すも本人次第ということです。
環境を生かして、専門職としてだけではなく、人としても成長し、ともに社会貢献していきましょう(^^)/
病院勤務を検討されている方の参考になれば幸いです。

以上、私が考える「病院勤務のメリット・デメリット」でした。

今の年収や仕事環境を変えたい方にはこちらが役に立ちます。

careerr_banner_yellow    




患者様のモチベーションを高める言葉のマジック(Part2:言葉と脳の関係性)

こんにちわ、医療系マジシャンの高橋真人です。
前回の「患者様のモチベーションを高める言葉のマジック(Part1:言葉のマジックとは)」に続き、Part2では「言葉と脳の関係性」をお伝えします。

 

知っておいて頂きたいこと

まず、前提として知っておいて頂きたいことがあります。

 

  • セラピストがかける言葉によって、人の身体の反応は変わる

 

ということです。どういうことかと言うと、セラピストの声掛け次第で、痛みや痺れ、動作の改善具合が変わるということです。それだけ、患者さんに伝える言葉が大切だということを認識して頂きたいです。

 

 

脳科学的でいう「痛み」

brain

そもそも痛みというのは、言ってしまえば「身体の電気信号で、脳が感じている刺激」です。

脳科学的に言うと、「痛み」という信号には、痛みを覚えることによって、危険物を回避するようにする、怪我をした部分を使わないようにする、といったような役割があります。となると、セラピストが頻繁に遭遇する「慢性的な痛み」は脳科学的には、必要ない信号ということになります。これは脳の神経回路の問題とも言われてます。

 

「治っているはずなのにいつまでも痛む・・・。」

 

これは、運動学、解剖学的な要素ももちろんありますが、心理的な要素も含まれてくる訳です。

 

 

言葉と脳の密接な関係

word

さて、「痛みが脳によって感じられている」となると、脳へどれだけの影響を及ぼせるかが大切になってきます。その影響を及ぼす要素の一つとして、「言葉」があります。

 

  • 暗示や催眠が良い例です。

 

実際に、医療の現場でも、麻酔だと身体がアレルギー反応を起こし、ショック死する可能性がある患者様に外科的手術をする際に、催眠を使ったケースもあるようです。これは催眠により痛覚をなくし、そのまま手術をするというものです。

信じられないですが、言葉はそれくらい脳に深く作用することが可能なのです。これで、声かけがどれだけ重要かをご理解頂けたかと思います。

 

 

ちょっと待った!言葉をかけるその前に

stop

声かけはとても大事です。しかし、セラピストと患者様との間に信頼関係が構築されていないと、どんな言葉も相手には響きません。暗示や催眠も術者との信頼関係で成り立ってます。言ってしまえば、

 

  • 催眠を信じてない人に、催眠は効かないのです。

 

そのため、声掛けによって、相手の身体へ深く作用させるには、前提として「信頼関係」が必要になります。次回は、セラピストの声が相手の芯まで届く、信頼関係の作り方をお伝えようと思います。

 




病院経営を取り巻く2つのトレンドから考える病院(就職先)選びの観点

トレンド00

こんにちは。理学療法士の喜多一馬です。
今回は、今後、病院へ就職活動を行う理学療法士の方に知って頂きたい観点についてご説明します。
これまで、理学療法士が就職先を決める際は、

 

「実習先でお世話になった」
「治療技術や知識を吸収出来る場所」
「家から近い」
「学校の先生の紹介」

 

…等の理由が多かったと思います。しかし、医療業界(病院経営)を取り巻くトレンドが変化してきたことから、現在のトレンドを把握した上で、情報を収集し、病院への理解を深めた上で、就職活動を行うことが求められる時代になっていると考えます。

 

「そんな事情知っておく必要あるの?」
「給料が下がるとか言われているけど、それでも医療職だから大丈夫でしょう!」
「セラピストとしての技術を磨いていけば大丈夫でしょう!」

 

このように考えている方も沢山いらっしゃるかと思いますが、本当にそうでしょうか?医療業界の変化を知りながら、一緒に考えていきましょう。


トレンド1:国は医療費を節約しなければいけない!

トレンド01

  • 高齢化社会
  • 医療新技術の投入(新しい精密機器は高価なんです)
  • 疾病構造の変化(薬価が高騰する中、慢性疾患が増加)

などにより、日本の医療費は年々膨れ上がっています。2006年には約32兆円2010年には約36兆円・・・、このままのペースでは、2025年には50兆円を突破すると言われています。国家予算の内、医療費だけでこんなにかかってしまっては大変な事態になります!そのため、国は2025年までに、医療費を抑えようと躍起になっているわけです。

 

 

トレンド2:病院が儲からなくなる?

トレンド02

医療費抑制策の一つとして『「7対1」入院基本料の病床削減』というものがあります。

「7対1」とは、看護師1人に対して患者様が7人の体制で看護している病棟のことです。この病棟の維持には、多数の看護師が必要であることから、高い入院基本料が設定されているため、この体制がとれる病院は高い収益を上げることが可能となっています。しかし、現在、約36万床ある「7対1」病床は、2025年には約18万床に削減される方針がとられています。この方針による多額の医療費抑制が見込まれてのことです。

 

「え?看護師が沢山居れば、そのままでいいんじゃないの?」

 

と考えるかもしれませんが、患者重症度、在宅復帰率、在院日数等の要件が厳しくなるため、多くの病院が体制の変換を余儀なくされことでしょう。そして「7対1」がとれなくなった病床は、「10対1」等の入院基本料が低いものへ転換しなければなりません。つまり、今よりも収益が大きく下がってしまう病院が沢山出現してしまうわけです。

 

これは、我々療法士に関連の強いリハビリテーション病棟についても同様です。
今後、高い収益を上げることが出来る「施設基準Ⅰ」は、充実したリハビリテーション(休日の実施、高い実施単位数等)が必要となっていきます。「施設基準Ⅱ」になれば、これもまた大きな収益の低下に繋がります。このような状況は、「7対1」や「回復期リハビリテーション病棟」以外でも様々な形で変化しています。

 

 

では何故、療法士がトレンドを知る必要があるのか?

トレンド03

ご紹介した事情は、病院経営に直接関わる管理職にとっては、対策を講じる必要があるために、必ず知っておかなければならない問題です。しかし、中堅、新人、学生もしっかりと理解しておかなければいけません。その理由の一つとして、就職・転職活動が挙げられます。

 

「この病院は、今後の医療情勢の変化にどのような対策を取っていくのか?」

 

この観点を持って、就職活動を行わなければなりません。

  • 今後に向けてしっかりと動き始めている病院
  • 病棟体制を変更することで収益が下がる病院
  • 今後の方向性を全く検討していない病院

病院によって様々な事情を抱えているため、しっかりと情報収集を行うことが必要になるでしょう。財務状況が不安定で方針が定まっていない病院や、収益が下がってしまう病院では、

  • 昇給やボーナスが見込めない、低い給料で働かなければならない
  • いつ潰れるかヒヤヒヤしなければならない

などの状況に常に晒される可能性が高いと言えるでしょう。また、それらの状況により労働環境が悪化すれば、ストレスに直結し、そのストレスが雰囲気の悪い職場を作りだし、精神衛生的にも良くない状況に陥ってしまうことも考えられます。そんな職場で働くことは、かなり辛いものです。


いかがだったでしょうか?
ご紹介したような観点を持って就職活動を行うことが、今後の療法士には必要だと考えています。良い職場で働くために、就職活動も頑張って行いましょう!

 

(参考HP)
1:R25, http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20130408-00029065-r25, (2015年10月1日)
2:東京保険医協会, http://www.hokeni.org/top/medicalnews/2013medicalnews/130925byousyou.html, (2o15年10月1日)

 

 




理学療法士が病院でナースと良好な関係を築く3ステップ

kita_nurse_01

こんにちは。
理学療法士の喜多一馬です。

病院勤務のセラピストは患者様に関する情報収集・ADL変更・治療方針の相談等々、
様々な場面でナースと関わり、協力して仕事を行うことが必要です。
そこで、今回はナースと良好な関係を築くための3ステップを紹介します。


ステップ1:仲良くなる

kita_nurse_02

皆様も、最初に頭に浮かんだのがこれではないでしょうか?
どんな人でも仲良くなれば、話を聞いてくれる・優しくしてくれる・役に立とう、と思ってくれるものです。
仲良くなれば、良いことだらけ、やはり一番大事なことです。

では、まだ仲が良くないナースと、どうすれば仲良くなれるのか?
答えは、「良い印象」を与えることです。

  • 心構え=いつでも話しますよのスタンス
  • 笑顔=口角を上げて、相手の目を見て
  • 挨拶=はっきりと伝わる声量
  • 姿勢=背筋を伸ばして

中でも、「心構え」は大切です。理由は、直接話さなくても人の気持ちは伝わるものだからです。
「心構え」を変えれば、あなたへの話し掛けやすさと親密感はグッと高まることでしょう。

また、「笑顔」や「挨拶」は相手よりも先行することが重要です。
相手は自分の鏡です、あなたの振る舞いが、相手の振る舞いを変えることになります。まずは、あなたが変わりましょう。  

 

 

ステップ2:社会人として頼られる

kita_nurse_03

ナースとただの仲良しで終わってしまってはいけませんよね。
病院でのナースとの良好な関係≠仲良しの友達です。
互いに社会人として信頼関係を築き、協力して仕事を行えるようになることがゴールです。

このステップでは、あなたが一社会人として頼られる存在になりましょう。
すぐに実践可能で、効果が高い方法をご紹介します。

  • 敬語
    相手の年齢によらず、敬語を用いるようにしましょう。 言葉遣いはあなたの仕事に対する姿勢を表します。
  • 配慮
    気が利くなっ、と思われることを行いましょう。

    「患者様をベッドから車椅子に移乗させる時に手伝いにいく」
    「ナースがシーツを交換する時間と、患者様をリハへ連れていく時間を合わせる」

    やり過ぎると、単なるお手伝いさんになってしまいますので、注意して下さいね。(笑)

  • ホウレンソウ(報告・連絡・相談)
    適切な報告や連絡がなければ、ずさんな仕事ぶりだと受け取られてしまうことがあります。
    相談もなく一人で物事を進めていては、好き放題に仕事をしているイメージを持たれてしまいます。
    全職種に共通して社会人が「しっかりしてるな」と感じられるのは、ホウレンソウ、によるところが大きいと思います。

余談ですが、コミュニケーション頻度が多いほど関係性は良くなり、頻度が低いほど関係性が悪くなるという法則があります。
ホウレンソウを通じて、コミュニケーション機会を得ることも有効です。  

 

 

ステップ3:専門家として頼られる

kita_nurse_02

最後のステップでは、専門家として頼られるようになりましょう。
療法士とナース、それぞれが専門家として協力し合える関係こそが、「病院(職場)での良好な関係」であるはずです。

一専門家として、頼られるためには、自身の「ポジション」を確立することが重要です。
「療法士の視点」をもって、物事を分かりやすく伝えられるかどうか、ということです。

例えば、ナースから「患者様をどうすれば楽に移乗介助できるか」を聞かれたとしましょう。

  • 患者様の足や手の位置
  • 臀部離床のタイミング
  • 方向転換する際の重心の位置 等

専門家の観点でそれぞれの注意点を分析し、誰が聞いても分かるように伝えられますか?

療法士には当たり前のことでも、ナースが知らないことは沢山あります。
ナースが知らないことを分かりやすく伝えることが出来れば、ナースから相談したいと感じて貰える療法士になるはずです。
また、ナースの専門性も理解した上で、療法士もナースを専門家として頼れば、お互いに相談出来る関係性を構築できるはずです。


いかがでしたか?

療法士とナースの良好な関係性は、患者様にとっても大きな利益になると信じています。

 

 




理学療法士が病院で患者様からファンになってもらう5つのポイント

コミュニケーション術_01

みなさん、はじめまして!
理学療法士の喜多一馬と申します。

患者様とコミュニケーションを円滑に行うための方法は、沢山あります・・・笑顔を心がける、褒める、楽しく治療を行う・・・等々。

今回は、病院勤務の療法士だからこそ使える「患者様にファンになって貰うためのコミュニケーション術」を、5つのポイントに絞って、お伝えします。誰にでも出来る簡単なものですので、是非この記事を読んだらすぐに実践して頂きたいです。


 ポイント1.:患者様に一日に何回も声を掛ける

コミュニケーション術_06

誰でもそうですが、人に気に掛けて貰えることは嬉しいことです。

治療時間外に患者様の部屋を訪れて「調子はどうですか?」「午前は元気なさそうで心配だったのですが、良くなってきましたか?」等、声を掛けてみましょう。そうすると患者様は「あの先生、私のことを気遣ってくれている、優しい!」と感じます。

ただし、毎日何度も行き過ぎると「あの先生、何回も来て、気持ち悪い!」となるので、注意しましょう。(笑)

 

 

ポイント2:病棟で会う患者様に愛想を良くする

コミュニケーション術_04

患者様は一日の多くの時間を病室で過ごしています。
そこでは療法士が思ってもみない噂話が繰り広げられているものなのです。

「あの先生いいよね!」「あの先生にはしてほしくないわ」・・・等々

良い噂だけでなく、悪い噂も広まってしまいますが、この噂は、病棟での愛想を良くするだけで一気によくなります。

「こんにちは!」この一言に笑顔を加えたものを、病棟の患者様に振りまいて下さい。
「あの先生、感じいいよね~!」とあっという間に噂が広がっていきます。

 

 

ポイント3:同僚療法士を誉める

コミュニケーション術_02

患者様は自分の担当療法士が上手なのか下手なのか、実はあまり分かりません。
なので、噂話は大きく影響してしまいます。そこで、患者様だけではなく、同僚も有効活用してみましょう!

「〇〇先生に担当してもらっていいですね、あの先生上手ですよ」
「△△先生はいつも熱心に勉強しているんですよ」

こんな風に、同僚療法士の良いところを、患者様に伝えてみて下さい。
そうすれば、同僚療法士も自分の良いところを、患者様に伝えてくれるはずです。
そのためには、同僚の良いところを見つけて、誉めること、誉めあうことが大切です。

そうすれば「いい先生に担当してもらっているわ」と患者様が感じてくれるのみでなく、スタッフ間の関係性もどんどん良くなっていきます。

 

 

ポイント4:患者様の家族とコミュニケーションを取る

コミュニケーション術_03

意外と忘れがちな家族さんとのコミュニケーション。
情報収集や家族指導など必要な時だけの関わりにしてしまうのはもったいないことです。

患者様にとって一番大切な存在は、家族です。
家族が「いい先生だね」と言えば、「あんたが言うならいい先生だよ」と思ってくるものです。

患者様の容態に変化があってもなくても日々の経過報告を行う、家族からみた患者様の変化はどうかを聞く等、積極的に情報を共有するようにしてみて下さい。
多くの家族は医療者が忙しいことを知っていますので、意外にも短時間で行なうことができます。

 

 

ポイント5:身だしなみを整える

コミュニケーション術_05

エステやジムに通った時に、太ったやる気のなさそうな人から習いたいと思いますか?
そんなわけないです。健康的に細くて美人なエステティシャン、ムキムキで爽やかなインストラクターに習いたいと思いますよね。

コミュニケーション術では、笑顔、あいさつ、傾聴等が大切だとされていますが、身だしなみは何より大切です。特に病院勤務では気を抜きがちなポイントに絞って、お伝えします。

 

  1. におい・汗
    療法士は体を常に動かしているので、汗をかいてしまう人が多いと思います。 患者様の治療が終わって、次の患者様に移る時に汗を拭いて、必要なら香りがきつすぎない制汗スプレーを使いましょう。

  2. 姿勢
    猫背でくらーい雰囲気を出していると、患者様にもその雰囲気は伝わってしまいます。 療法士は背筋をピッと伸ばし、目線を遠くに、顔を上げるようにしましょう。 治療中だけではなく、病棟での移動の時も、姿勢は皆に見られています!

  3. 髪型
    人の顔で一番印象を変えやすいパーツ、それは髪型です。 療法士は他の業種や職種に比べて、自由な髪型が許されている場合が多いです。 それだけに髪型で印象を損している人が多いのも事実。清潔感のある、爽やかな印象になるよう、仕事の時だけでも心掛けましょう。


皆さん、如何でしたか?

今回は、病院で患者様からファンになってもらうための、コミュニケーション術を紹介しました。
さっそく使って、明日からあなたのファンをどんどん作っていってください

 

 




渡邉 純先生によるSpineDynamics理論の理解

2015年5月31(日)に、渡邉 純先生が講師をつとめるKoko-Karaの勉強会が、京都で開催されます。


勉強会概要

名称SpineDynamics療法シリーズ
SpineDynamics理論の理解
日程2015年 5月 31日 (日)10:30~16:00
会場たちいり整形外科(京都市西京区桂西滝川町52)
※ 駐車場は数台しかございません。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
講師渡邉 純(清泉クリニック整形外科・東京 理学療法士)
定員30名
参加費早期申込割引 5,000円(5月18日まで
通常参加費 7,000円

 

勉強会詳細

主催心と体のリハビリテーション研究会
内容肩こり、腰痛、関節痛など体幹・四肢に生じる様々な慢性疼痛は臨床上多く対峙するが、疼痛緩解に苦渋することが少なくない。慢性疼痛とは非常に漠然とした概念に過ぎず、 その症状や含まれている病態も多岐にわたる。また、慢性疼痛の原因は身体的問題のみ ならず、精神医学的・心理社会的問題が複雑に絡み合って形成されており、従来の理学療法では治療が奏効しないことが多い。なるべくしてなった慢性的な痛みの根源を 見出し、結果の出せる理学療法を行なわなければ慢性疼痛疾患を治療することはできない。

個体発生学におけるヒトの成り立ちとは、椎骨が連なり生命の源となって重力に逆らった頭側方向への伸張である。つまり、脊柱はヒトの起源であり非常に重要な役割を持つことを意味している。脊柱はどのような姿勢においても物体の重心と重心線が通る 位置であり、脊柱は重力との関係性が非常に大きい。そして、重力場のルールにおいて 脊柱の動きは、前後屈・左右側屈・回旋と仙腸関節の複合によって成り立つ。

そして、重力場のルールに従った脊柱の謎を紐解いていくことが SpineDynamics 療法の理解であり、そこに様々な方法を駆使することが SpineDynamics 療法の醍醐味である。SpineDynamics 療法は特別な治療法や治療手技ではなく、どのように解釈し、どのように応用していくかがポイントとなる。
プログラム10:30~16:00  Spine Dynamics理論の理解
           Spine Dynamics療法概論とその実技

※受付は 10:00 に開始します。
※プログラムは都合により多少変更することがあります。

 

お申込み・お問合せ方法

お申込み・問合せ方法以下URLよりお願い致します。
http://www.koko-kara.info/spine-ken/20150531k.html
キャンセルポリシー申し込み後のキャンセルはお受けしておりませんので、代理の方の参加をお願いします。

 

Koko-karaのセミナーにつきましては、Koko-Karaのサイトよりお申込み下さるようお願いします。

http://www.koko-kara.info/